ラウンダーに依頼して赤字経営から脱却させよう

サービスの特徴

ラウンダーには専門家が行うタイプと主婦などの一般人が行うタイプの2つがあります。前者は経営の観点に関する意見を、後者は自社サービスに関する意見を聞くことが出来ます。また業者を選ぶ際はラウンダーを利用する目的を明確にすること、そして担当者の質を確認することが重要です。

いろいろな知識を最大限に

ラウンダーの仕事を派遣スタッフへ求める場合、まずは接客スキルがあるが確認する事が大事です。販売店舗の社員との会話や、本部へ報告する際にコミュニケーション能力が求められるからです。また、マーケティング能力や改善提案力のある人も、ラウンダーとして活躍できるでしょう。

成績不振な小売業を支援

男女

商品陳列や接客をサポート

お客相手の小売業や事業などは、店舗での商品の並べ方やスタッフの顧客対応などによって営業成績が変わってきます。多くの支店や営業所をもっている会社になると、社の営業方針やスタッフの心得などが末端まで伝わっていない場合があります。伝わっていても支店や営業所の都合によって改変されていることもあります。そのような時に活用されるのがラウンダーです。一般の調査とは違って、ラウンダーは現場へ出かけていって商品の陳列状況やスタッフの接客態度などを具体的に調べ、弱点を補強するアドバイスを提案します。実際にラウンダーを活用して営業成績を上げる企業が多くなっています。例えばスーパーなどは主婦目線での調査が必要ですが、ラウンダー派遣会社に依頼すれば主婦のスタッフを派遣してくれます。主婦の目線で商品陳列の状態を変えたり、スタッフの接客の悪い点を直すことができるのです。また不動産会社には多くの営業店舗がありますが、営業成績が不振な店舗にラウンダーを派遣するとお客とのコミュニケーションが良くなって取引実績が伸びたという実例もあります。接客コミュニケーションにすぐれたラウンダーを派遣してもらうことによって、営業店舗の欠点を指摘し、改善することができるのです。このようにラウンダー派遣会社には様々な年代や能力を持ったスタッフが揃っているので、調査する事業形態によって最適な調査員を派遣することができるのです。営業成績が不振な事業所を抱えている企業は、ラウンダーを活用することで業績回復が行えます。

店舗の集客を延ばす方法

フランチャイズで重要なことは各店舗の売上げを平均して上げていくことです。売上げに伸び悩んでいる店舗には、ラウンダーを活用してその原因を突き止めます。ラウンダーとは訪問調査員のことで派遣会社が運用しています。店員の接客態度や商品の陳列方法などを指摘し、本部へ報告します。本部はそれを元に改善します。