ラウンダーに依頼して赤字経営から脱却させよう

サービスの特徴

ウーマン

ラウンダーとは販売店に赴き、その営業活動を調査することを言います。色々な使い方がありますが、ライバル店にラウンダーを派遣させ自社との違いを探り、売上の向上に役立たせるといった活用法が一般的です。それではラウンダーの業者を選ぶ際はどのような点に気を付ければよいのでしょうか。まずはラウンダーの種類を理解しましょう。ラウンダーには大きく分けて2つのタイプがあります。1つは知識や経験が豊富な専門家が行うものです。このタイプは経営などの観点から様々なアドバイスを提供することが出来ます。ライバル店と自社とを比較分析することも可能です。2つ目は主婦などの一般人によるものです。こちらは経営の観点というよりも商品やお店の雰囲気など、お客様目線の意見が伺えます。ライバル店に派遣するよりも自社のサービスを受けてもらい、自社に関する率直な意見を聞いてサービスの改善を図る、という用途に向いています。このようにラウンダーには大きく2つのタイプがあるので目的に応じて使い分けるようにしましょう。そして業者の選び方ですが、まずはなぜラウンダーを使うのかを明確にすることです。目的に応じて使うべきラウンダーが異なるので必ず最初に取り組みましょう。次に、目的に叶った業者を見つけたら実際に担当者と相談をしてみます。その中で担当者の提案力などから信頼できそうかどうかを確認しましょう。効果的なデータが得られるかどうかは担当者にかかっているのでサービス内容よりも担当者の質をしっかりと判断することが重要です。